不動産競売とは

 地方裁判所では、債務を弁済することができなくなった人の所有する不動産を差し押さえ、これを売却し、 その代金を債務の弁済に充てる手続きを行っています。これが不動産競売(けいばい、又はきょうばい)です。

バブル経済崩壊の旧住専をはじめ諸金融機関の不良債権処理は一段落しましたが、景気の後退にも影響され、 近年では各種カードローン等による自己破産により所有する不動産が競売によって売却されるケースが多くなっているのが現状です。

 一般ユーザーは競売物件を敬遠する方が多いですが、競売業者が落札した年間約1000件の競売物件の殆どは中古物件として 新聞広告等で売り出されますので、不動産広告の中に占める(元)競売物件の割合は非常に高いということが言えると思います。

 不動産競売は通常期間入札で行われます。 期間入札で入札者の無かった物件は特別売却にて行われます。

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ