競売でブラックリストに記載

 あなたの所有する不動産がもしも競売になってしまった!
ということであればブラックリストに記載されてしまいます。 もう少し具体的に説明すると、金融機関は融資をする際に信用情報を確認します。 信用情報とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報、ローン等の支払い情報のことです。 その信用情報に事故情報が登録されることをブラックリストと呼んでいます。
※ ちなみに金融機関からの融資ではない場合は異なります。

 個人信用情報記録に事故情報と記載されると、 5〜7年くらいの間ですがローンやクレジットが組めない、 新しいカードが作れないなどの不利益的な影響が出ます。

 つまり、競売になってしまっている方は既にブラックリストに記載されていますし、 任意売却をしても、住宅ローンの延滞があるわけですからブラックリストには記載されてしまうという デメリットがあります。よくよくお考えになって今後の方針をお決めください。

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google