不動産競売の残債務(残債)

 任意売却する場合、担保権者(債権者)は、不動産を売却しても債務が残るにも関わらず抵当権の抹消に応じてくれます。 1000万円以上債務が残るのに、月々3000円でしばらくはやむを得ないですね、といった寛容な担当者もいます。

 一方、競売はというと民事執行法に基づき債権回収のために、債権者が裁判所に対して申立てを行い、裁判所が 競売の手続きをしていくことになります。 強制競売と担保不動産競売を併せて一般に不動産競売と呼んでいますが、担保不動産競売事件でも、 強制競売の規定が準用されます。

 つまり競売と、任意売却との違いは、残る債務についての話し合いが、売却(落札)前にあるか無いかの違いとなります。 といっても、任意売却でも売却前に残債務の支払い方法の話し合いがない場合もありますけれど。

 競売は、連絡が取れない方が圧倒的に多いので、話合いなんて行えません。 競売後に話合いをしようとしても、だったら何で今まで連絡してこなかったんだ!と言われて終わりです。 従って厳しい取立てに合う可能性が高く、連帯債務者、保証人などがいれば一層迷惑をかけることとなってしまうでしょう。
何もしないで競売にしてしまうより、任意売却をすることをお勧めします。

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google