担保不動産競売開始決定の通知

 担保不動産競売開始決定とは、その名の通り裁判所で競売開始の決定がされると、特別送達で届きます。 担保不動産競売開始決定が届いた後は、裁判所にもよりますが大まかには以下のような流れとなります。

  1. 担保不動産競売開始決定通知の送達(1月)
  2. 執行官による現況調査(2月)
    今後の競売の流れを執行官が教えてくれます。
  3. 期間入札の通知が届きます(5月)
    【任意売却可能ボーダーライン】
    これ以降の任意売却のご依頼は、お断りすることがございます。

  4. 入札、開札期日(6月)
  5. 売却許可決定
  6. (競売にかけられた方の不動産は所有権が落札者に移る)
  7. 所有権移転
  8. 物件の引き渡し

競売開始決定が届いた方へ

「ローンを滞納していることを知らなかった」「引越ししようにもお金がない」「実家が競売になって自分が買い戻したい」「少しでも高く売って多く返済して再スタートしたい」 など様々なご相談を頂きます。

 競売の開始決定通知が届いてしまったあなた。まだ任意売却は可能です。ただし、交渉する期間が限定されていますので、出来るだけ早くご相談ください。

競売に関するよくある相談

競売3点セット

担保不動産競売開始決定の通知とは

裁判所から執行官が調査にきた

近所にも競売になったことがバレる

競売落札後、立ち退き料がもらえるのか

任意売却は、いつまでできるの?

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

スポンサーリンク