裁判所から執行官が調査にきた

 執行官というと、何か怖いと思われるでしょうが、執行官は単に物件の調査にくるだけですので、ビクビクする必要はありません。室内の写真撮影、聞き取り調査等をしてすぐ帰ります。 執行官の調査を元に裁判所が「現況調査報告書」、競売の売却基準価格を決める「評価書」、「物件明細書」を作成していくこととなります。(競売3点セット

 そして、競売開始決定より約3ヵ月〜6ヶ月後にインターネット等に住所・評価書・現況報告書(執行官が撮影した写真)が一般に向けて公開され、入札に参加する人は、その資料を参考にいくらで入札するのか決めていくことになります。公開されて約1ヶ月程で入札期間、さらに2週間後に開札、立ち退きとなります。 ※ 地域、競売件数により期間は異なります。

執行官による現況調査の通知が届いてもまだ任意売却は可能

執行官による現況調査の通知が届いてもまだ任意売却は可能です。 競売で処分されてしまうより、メリットの多い任意売却を選択されることをお勧めします!

競売に関するよくある相談

競売3点セット

担保不動産競売開始決定の通知とは

裁判所から執行官が調査にきた

近所にも競売になったことがバレる

競売落札後、立ち退き料がもらえるのか

任意売却は、いつまでできるの?

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

スポンサーリンク