任意売却は、いつまでできるの?

 任意売却という方法を知っても、時間切れでもう少し早く相談してくれたらというケースがあります。 では、任意売却はいつまで、どの段階までであれば手続きに間に合うのでしょうか?

 原則ではありますが、任意売却は開札の前日までに引き渡しが完了しなければなりません。 開札して、買受人が決まったわけですからもう任意売却する必要はないのです。

競売の流れ http://www.re-ninbai.com/keibai/flow.html

任意売却は、いつまでに依頼すべきか?

 開札日前日までに不動産を引き渡さなければいけないわけですから、具体的にいつまでに任意売却の依頼をしなければいけないのかを逆算してみます。 債権者に金額の承諾をもらうのに1週間、購入希望者を見つけて売買契約するまで1か月、購入者の住宅ローン等の手続き3週間 と最低でも2か月程は時間がかかります。

 最近は任意売却制度も認知されてきて、滞納前の段階で相談して頂く方が増えているため、 担保不動産競売開始決定が届いてからの相談というのは減少傾向にあります。 しかしながら、「競売になって、知らない人が出ていけって自宅に来ているんですけど、まだ任意売却できますか
このような相談も数は少ないですが、ございます。

 つまり、実務では競売申立てをされた後の任意売却については、遅くても執行官が調査に来る段階くらいまでには、任意売却の依頼先を決めて頂いた方が良いです。 そうでないとせっかく任意売却をしようとしても、まとまらないケースが多いのです。当社では、状況により相談はお聞きいたしますが、任意売却の依頼についてはお断りするケースもございます。

競売に関するよくある相談

競売3点セット

担保不動産競売開始決定の通知とは

裁判所から執行官が調査にきた

近所にも競売になったことがバレる

競売落札後、立ち退き料がもらえるのか

任意売却は、いつまでできるの?

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google