任意売却の残債務・残債

 任意売却では、決済(物件引渡)の前に、債権者と残った債務、借金の支払い方法についてお話しをします。 本来、住宅ローンの残高を全額返済して、抵当権の抹消をするわけですが、 残念ながら全額返済出来ない場合、残りの支払い方法を話し合うのは当然ですね。

 といっても、一括で支払えるわけもなく、あなたが支払える金額、 たとえば「月々3千円で何とかなりませんか?」っという感じで 債権者が要求する金額と、あなたが実際に支払える金額で折り合いをつけていくことになります。 お借入先の債権者が1社であれば、このお話し合いもすぐに決まることですが、 数社からお借り入れがある方は、それぞれについてお話しをすることになります。

 したがって、実績、経験のある不動産会社であれば、あなたにとって有利な支払いになる可能性があります。 その後、少額ながらお支払いを継続している方、そうでない方、色々ですが、 当社で任意売却を行った方の8割以上の方は、 自己破産していないようです。 あなたの場合について、個別にお話しを聞いてみようと思われた方は、お電話ください。

 当社があなたのお手伝いをできるのは、この売却時までとなります。 しかし、この残債務は、サービサーからサービサーへ債権譲渡される場合があり、
「○○債権回収会社から債権譲渡の通知が来たんですけど、どうしたら良いですか?」
というご連絡をよくいただきます。不動産を売却して、住宅ローンのことなんてしばらく忘れていたところに、債権譲渡通知が届けば、驚くのも無理ありません。あなたが困った場合は、ご連絡ください。 ちなみに、不動産売却後の残債務のご相談は、有料サービスではありませんので、他社で任意売却された方のご相談はお断りいたします。

 サービサーはバルクセールなど額面より安い金額で買取していることが多いので、債務免除交渉ができる場合もありますし、より強く返済を求めてくる場合も有ります。 また、全く返済を請求して来ない場合もあり様々です。しかし、債務免除交渉については、不動産会社が立ち入る話ではありませんので、あなたが直接行っていくか、 ご紹介させていただく弁護士や司法書士の先生に依頼することとなります。 とにかく、一人で悩まず、まずはお電話ください。

※上記内容は、過去の任意売却後の残債務の支払い交渉、不動産売却後のご相談者様からの情報を参考にしています。

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

スポンサードリンク