引っ越しの時期、引っ越し代

 当社で任意売却をするケースの話ではありますが、すぐに引越しの必要はございません。  売買契約をして引き渡しまで約1カ月ありますのでその間に、お引越しして頂きます。 
ワンルームタイプの投資マンションについては、賃借人を追い出さなくても任意売却できることが多いです。

任意売却の引っ越し代

  任意売却でご自宅を処分した場合、「引越代」が出る事が多いです。  一方、競売の場合は引渡し命令を受けての強制処分のため、自費でのお引越しとなります。  ではなぜ任意売却において引っ越し代が認められてきたのでしょうか? 大きく以下の2つ考えられます。

  • 引越しが出来なければ不動産引渡しをすることができず、任意売却が成立しない
  • 債権者にとっても競売より、任意売却の方が高値で取引されるため、回収率も上がりメリットがある

 引越し代という名目で、一般的には一時金30万円程を債務者(売主)に渡すことが任意売却において慣習となっていました。  しかしながら、最近では住宅金融支援機構が20万円(0円の支店もある)を上限にしたのを皮切りに、他の債権者、 サービサーも右へ習えとばかりに、引越し代に対して厳しい対応になっています。  つまり任意売却をすれば引越代が必ず貰えるというのは過去の話であり、必ずもらえるわけではなくなってきています。

 あなたが、任意売却を考えていて、「引越し代としていくらかもらえないと引越できない」、 「他の返済の必要があるので○○万円は最低ほしい」、というお考えがあるのであればご相談の際に、 お話しください。  無理なお話であればお断りさせていただくこともありますが、最初に伺うことが出来れば、交渉させていただきます。

引っ越し代の金額の大小で、不動産会社を選ばないで!
 任意売却の依頼を受けたいがために、不動産業者は「引越代100万円出します」と言い切るケースもあるようです。  もちろんうまくまとまれば良いのですが、20万円しかなかったらどうします?
 引越代100万円もらえると想定して、引越しの計画を立てていると思いますが、いざ買い手が見つかったときに20万円しか もらえないと言われても困ってしまいますよね。  それでは、契約は白紙になってしまうのか? 白紙解約を希望されていれば別ですが、その頃には競売の期間入札が迫っていて 時間が無いことが多く、そのまま泣き寝入りで契約をしてしまうケースもございます。

任意売却に関するよくある相談

引っ越しの時期、引っ越し代について

不動産会社を通さず、自分で売却できる?

任意売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

任意売却はどこに依頼したらいいの?

任意売却の費用

マンションの任意売却

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google