自分で任意売却

 不動産会社を通さず、自分で任意売却をされたいとお考えの方もいらっしゃいますが、 費用・料金を考えてのことでしょうか? ご自分で任意売却を行う意味は本当にあるのでしょうか?  もちろんあなた自身で任意売却をすることは可能ではありますが、いったいどんなメリットがあるのかが問題です。

 任意売却を自分で行うことのメリットは、仲介手数料がかからないというこの一点のみだと考えます。
 「他の任意売却の専門業者に相談したら、任意売却の費用はかからない。  仲介手数料も債権者から不動産屋がもらうと聞いたんですけど、やっぱり任意売却をすると費用がかかるんですか?」
他の不動産会社の言っていることなので詳しくはわかりませんが、任意売却が成立する場合、 売買代金の(3%+6万円)×消費税を報酬、仲介手数料として頂きます。 当然、領収書の宛名はあなた(売主)になるのであって、債権者の名前になることなどありません。 しかし、任意売却をされる方には、仲介手数料を支払う資力がないと考えられますので、  売買代金全額をローンの返済に充てることになれば、仲介手数料を支払うことができず任意売却も成立しなくなってしまいます。  そこで売買代金から仲介手数料や、管理費の滞納分は諸費用として差し引いた金額を債権者に返済することとなるのが一般的な任意売却です。

 つまり、あなたの手出しの費用はありませんが、あなたから仲介手数料を頂き、あなた宛てに領収書も発行します。  手出しの費用がありませんよということを、説明不足な言い方で、費用はかかりませんと伝わってしまったのではないでしょうか。

 話が横道にそれてしまいましたが、今度は逆に自分で任意売却をすることのデメリットを考えてみましょう。

債権者との交渉
 あなた自身で、任意売却を行うということは、慣れない必要書類の準備や作成、債権者への連絡もすべてご自身で行わなければなりません。  債権者が3社有れば3社との交渉となり、平日午前9時〜午後5時までの時間帯でしかコンタクトがとれないため、 書き直しや書類不備などを繰り返しているうちに時間切れになり、競売へと移行していくケースが十分に考えられます。
販売活動
 身内、親戚、友人、知人が購入してくれるのであれば販売活動は必要ありませんが、個人で一般の不動産市場に売り出したり、 チラシ、パンフレットを配付するのは限界があります。
売買契約書の作成
 売買契約書と重要事項説明書等の作成および、その他諸々の契約書を作成しなければなりません。 個人間であれば、重要事項説明書は不要な場合もありますが、銀行ローンが使えない可能性もあります。  また、個人間で他人の不動産売買であれば買主として不安がありますので、相場よりは安値の取引となるでしょう。 
任意売却後の残債務の返済条件について
 債権者との返済額の交渉です。 1円でも多く回収しようと考えている債権者との交渉は素人のあなたには難しいでしょう。

 結論として、自分で任意売却をすることがダメなわけではありませんが、 債権者や利害関係人と話をこじらせてしまうこともあります。  餅は餅屋で、任意売却を得意とする業者に任せることをおススメします。

任意売却に関するよくある相談

引っ越しの時期、引っ越し代について

不動産会社を通さず、自分で売却できる?

任意売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

任意売却はどこに依頼したらいいの?

任意売却の費用

マンションの任意売却

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google