マンションの任意売却

 マンションの任意売却に関するお問い合わせが増えています。 状況により対応の手順は多少異なるものの、解決のための考え方はマンションでも戸建でも、ご自宅でも収益物件でも基本的に同じです。

居住中のマンションの場合

マンションの住宅ローンの支払いが困難になった時、無理をしてでも持ち続けるか、いっそ売ってしまうかでお悩みのことと存じます。

金融機関に支払い条件変更(リスケジュール)のお願いをする
各金融機関で対応は異なりますが、返済を猶予する条件変更の相談は受け付けてくれるでしょう。 例えば、1年間は利息分だけの返済にしてもらえるケース等もございます。期間を引き延ばすということは支払い総額 は増えてしまうので、根本的な解決にはつながらないかもしれませんが、キャッシング、フリーローンで住宅ローンを返済するよりはベターな選択かと存じます。
売る場合、通常の売却か、任意売却かを検討する
査定価格とローン残高のバランスをみて、通常の売却が可能なのか、任意売却で解決すべきなのかを判断します。
 ローンの残高 > マンションの売却予想価格
差額を支払えない場合は任意売却となります。
例えば、ローン残高2,500万円、売却予想価格2,000万円で500万円以上の貯金がない場合、 ローン残高をゼロにすることができません。つまりこのような状態で、マンションを売却しようとしても、 通常の売却はできないため、任意売却を選択することとなります。
売却後、新生活の家賃を考える
12万円の住宅ローン、管理費、修繕積立金3万円の合計15万円お支払いされていた方が、 家賃10万円のマンションに引っ越したとします。 住宅ローンの残債務が1000万円残り、月々1万円ずつ返済するようになったケースであれば、住居費として約4万円負担が少なくなるということです。
金融機関の中には、残債務について「毎月5万円払ってくれ」なんていうこともありますが、そんなに払えるんだったらそもそもマンションを売ったりしないですよね。 売却したら、いくらの家賃のどんな大きさの家に引越すのか、検討されてみるとよいでしょう。

投資用マンションの場合

投資用に購入されたマンションの維持が難しくなり、お問い合わせ頂くことが増えています。 今の投資マンションを保有することが難しいからと言って、営業マンに勧められるがままに、もうこれ以上新たな投資マンションを購入したりしないでください。 売却が適切かどうかも含めて、まずは一度ご相談ください。

任意売却に関するよくある相談

引っ越しの時期、引っ越し代について

不動産会社を通さず、自分で売却できる?

任意売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

任意売却はどこに依頼したらいいの?

任意売却の費用

マンションの任意売却

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google