期限の利益

 期限の利益とは、債務を負う契約を締結したとき、その履行の期限を定めれば、その時点までは債務を履行する義務は無い。このような期限を定めたことによる権利義務に関する効果を、「期限の利益」といいます。(債務者の立場から見れば利益となります)

一方、ほとんどの金銭消費貸借契約には、「期限の利益の喪失」を定める条項があり、例えば、決められた期限までに返済が間に合わない場合には、期限の利益がなくなったものとして借金の残額を一括で支払うことというような特約が付いています。住宅ローンの場合、金融機関により異なりますが、3〜6ヶ月返済が遅れると、期限の利益を喪失します。

もしも期限の利益を喪失してしまった場合、滞納していた元金、損害金を用意しても「期限の利益の復活」をすることは非常に困難となり一括返済を迫られます。

期限の利益を喪失してしまった方、期限の利益はあるが住宅ローンの支払いの目途が立たない方、早めのご相談をおすすめします。

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google