親子間売買・親族間売買

 一般的に困難だと言われている、親戚間、兄弟間、親子間であっても、不動産売却に向けて、一からお手伝いさせていただきます。家族等で直接売買でき、通常の銀行ローンが組め金利優遇まで使えるケースもございます。

 しかし、親子間売買は通常の売買より費用が嵩むことが多いです。代表的な要因として、第三者が入る場合、

  • 所有権移転登記、抹消登記費用が2回かかる
  • 短期譲渡所得となるため、所得税、住民税がかかる
  • 第三者への報酬が必要

など他にも割高になってしまう要因はありますが、格安で親族等のご家族が、不動産を買い戻しするということは厳しいでしょう。
もちろん、購入する立場からすれば、安く買いたいと思うのは当然ですので、それに向けて努力はしますが、格安物件になることはほとんどなく、ほとんどのケースでは市場価格より割高になってしまうことをご理解下さい。

 金額については、それぞれのケースで事情が異なりますが、時間があれば金額の交渉ができる可能性があります。競売手続きが進んでいたりすると、交渉の余地がありませんので、何とかご自宅(ご実家)を残したいという方は早めのご相談をお願いします。

※ 第三者を入れず直接売買できる場合、費用は嵩みません。

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

スポンサード リンク