親子間売買で住宅ローンは組める?

相談内容
「実家のマンションが競売になってしまったので、息子である私が住宅ローンを組んで買い戻すことはできませんか? 会社員で勤続5年、年収400万円強、実家近くのアパートで一人暮らしをしています。よろしくお願いします。」

 ご相談者様の話によれば、債権者(現在の借入先)から任意売却をするよう勧められており、2000万円なら応じてもよいと言われているそうです。

 任意売却は認められたとしても、ご子息様がその購入者だということに対して債権者が認めないかもしれません。 現段階では確かめようもありませんのでそれは保留にしておきます。

 あとは、仲介手数料、登記費用等の諸費用は自己資金で賄えるということなので、物件価格の100%ローンが使えるのかです。 可能性はありそうなので、売主であるご両親と一緒に相談に来てもらうことにしました。

 後日、ご両親と下記5つのポイントについて話し合いができ、融資の事前申し込みも承認がとれたため、割とスンナリとまとまったケースでした。

  • 両親は、息子に家賃をいくら払う、払えるのか
  • 両親は住宅ローンの残債務についてどうするのか
  • 息子は将来結婚してもローンを払っていかなければいけない
  • 物件価格の100%融資できない場合、足りないお金を捻出できるのか
  • 贈与など税金についてと住宅ローン控除にについて

このケースは、特に問題もなくスムーズにまとまった話ですが、このようにまとまるケースの方が少ないので過度の期待はしないで下さい。

また、「親子間売買ができる金融機関を教えてください」 といったお問い合わせも多く頂きます。 あなたの状況がわかりませんとお話ししようもありませんし、当社が仲介することで成立する話です。 また、1年前までは現在親子間売買の住宅ローンを融資していたのに現在は行っていないという金融機関や、その逆もございますので、 このようなご質問にはお答え致しかねますのであらかじめご了承ください。

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google