不動産売却の流れ(スケジュール)

1、不動産売却のご相談

 お住まいの売却をお考えになった事情やお客さまのご要望等をしっかりと伺い、売却の条件・売却までの期間等を整理していきます。
※ お客さまの情報は秘密厳守します。

2、無料査定

 売却されるお住まいを調査した上で、市場動向や周辺の取引事例から査定価格を算出します。査定価格は「販売価格」ではなく、販売活動を行ってから約3ヶ月以内に売却可能と思われる「成約予想価格」となっています。販売価格は低すぎても困りますし、逆にあまり高すぎても買い手がつきません。 お客さまの売却希望価格を基本として、査定価格を参考にしながら販売価格をご提案します。

3、諸費用、税金等の確認

 お住まいの売却にも資金・費用の準備が必要です。 下記のようなものが費用としてかかります。

  • 仲介手数料(一戸建て・マンション・土地)
    {成約価格×3%+6万円(消費税等別途)}
  • 抵当権抹消費用(一戸建て・マンション・土地)
    {ローンの残債があり、抵当権が設定されている場合}
  • 境界設置費用・測量費用(一戸建て・土地)
    {敷地の境界が特定できず境界標の設置が必要な場合}
  • リフォーム費用(一戸建て・マンション)
    {リフォーム後、売却する場合}
  • 建物解体費用(土地)
    {古家があり、更地にして売却する場合}
  • 税金
    {所得税、住民税

【必要書類】
 印鑑証明書、権利証(登記済証)、固定資産税の納税通知書、住民票、ローン返済予定表など

4、媒介契約締結

 不動産の売却を依頼する場合、お客さまと不動産会社が以下の媒介契約を結びます。 媒介契約を結ぶことにより、不動産会社がお客さまより正式に売却の依頼をお受けしたことになります。また、媒介契約には下記の三種類を選択して頂きます。

一般媒介契約

専任媒介契約

専属専任媒介契約

5、販売活動スタート

 より多くの方に対して物件を告知するため、インターネットをはじめとする以下のような広告活動を実施します。多彩な販売促進活動により、スムーズな売却を目指します。

  • ホームページへの掲載
  • 不動産ポータルサイトへの掲載
  • 新聞の折り込み広告
  • 当社顧客への物件ご紹介

6、売買契約締結

 購入希望者か見つかれば、売却の条件や支払方法、引渡し日などの具体的な契約条件を調整していきます。お客さまと購入希望者が諸条件を合意の上で売買契約の締結となります。
※この際、契約で定められた手付金を現金または小切手で受領します。

7、調整

 引渡し日までに、借入金の返済・抵当権の抹消手続き・各種書類の準備などを行います。

8、不動産引渡し(代金決済)

 新しい住まいへのお引越し、残代金の清算、固定資産税の精算、登記の申請を行います。最後に購入された方に鍵をお渡しして不動産の売却が完了です。 売買契約締結から不動産お引渡しまでの期間は、1ヵ月程を目安とお考えください。

※ 上記内容については、一般的な不動産売却の流れとなります。
 売却後でも確定申告やご購入についてお気軽にご相談ください

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ