レインズについて

 レインズとはReal Estate Information Network Systemの略で、不動産物件情報交換のためのコンピュータネットワークシステムです。 簡単に言うと、不動産会社しか見られない不動産会社専用の日本中の不動産売買物件の情報をリアルタイムで検索できるサイトの事です。 戸建やマンションの売買情報を検索する時にあなたのご希望の条件を入力して検索する不動産のポータルサイトをご利用した事があると思いますが、それの不動産会社しか使えない不動産会社専用バ−ジョンだとお考え下さい。媒介契約の種類によっては、レインズへの物件の登録は義務づけられており、登録をしなかったりすると不動産会社はFRK(社団法人不動産流通経営協会)から罰則を受けます。 このようなシステムが整った現在では、不動産会社の大小で不動産会社を選ぶ時代ではなくなったという事です。

 しかし、それでも売却物件情報をレインズに登録しない悪い不動産会社があるのも事実です。なぜ、レインズに登録しないかというと、それは不動産仲介会社の儲けの仕組みと関係があるのです。 不動産(仲介)会社は、不動産物件の売買価格の約3%が仲介手数料として売主と買主からそれぞれもらえます(合計約6%)。しかし、合計6%もらえるのは毎回ではなく、売主と買主を両方見つけてきた場合のみなので、売主だけ見つけてきて、買主は別の不動産会社が見つけてきた場合は、売主から3%しかもらえません。またその逆も同様です。 そこで、不動産会社は、3%の2倍の売上が上がる6%の仲介手数料を欲しいため、恣意的にレインズに登録せず、自社のみで全て完結しようとする事がましない事があるようですので注意が必要です。

 できるだけ高く売りたいあなたにとっては、あなたの売却予定の物件がレインズに登録されていないという事は、高く売れる可能性を著しく損ねていると言っても過言ではないので、そういった不動産会社は避けるべきでしょう。 レインズとは、もともとは、不動産流通機構の近代化方策として建設省(現国土交通省)が企画し、不動産情報の標準化・共有化を目的に作られた制度なので、これから不動産を売却される方にとっては重要キーワードとなりますので、覚えておきましょう。

 不動産売却に関するよくある相談!

大手不動産業者に依頼

レインズについて

媒介契約とは

仲介と買い取りの違い

不動産売却の諸費用

不動産売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

買い替えは売り先行? 買い先行?

一括査定のメリット、デメリット

専任媒介契約で商品券がもらえる理由

査定価格の高い不動産会社と媒介契約

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google