媒介契約について

 あなたが不動産やマンションを売却する際には、「仲介」と「買取」の2種類の方法がありますが、一般的には「仲介」が通例です。 「仲介」で不動産を売却する際は、不動産会社があなたの不動産を「買取」るわけではなく、不動産会社は不動産を売りたいあなたと不動産を買いたい誰かを結びつける仲人の役割を果たすのです。この仲人の役割を不動産会社に依頼するにあたっての契約を媒介契約と言うのです。つまり、媒介契約とは、不動産取引をする際に、あなたと不動産会社との間の委任契約のことを言います。

 かつてはこのような媒介契約の依頼は口約束で行われる事があったのですが、宅地建物取引業法が整備された現在は、必ず書面で媒介契約を締結することが義務付けられています。 媒介契約は、大きく下記の3種類が存在し、あなたがどの契約形態にするかを選択する事ができます。

 一般媒介専任媒介専属専任媒介

有効期間

無制限3ヶ月以内3ヶ月以内

報告義務

なし2週間に1回以上1週間に1回以上

レインズ
の登録義務

なし媒介契約締結後
7日以内に登録
媒介契約締結後
5日以内に登録

自己発見取引

できるできるできない

依頼する
仲介会社数

複数可1社のみ1社のみ

 不動産売却に関するよくある相談!

大手不動産業者に依頼

レインズについて

媒介契約とは

仲介と買い取りの違い

不動産売却の諸費用

不動産売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

買い替えは売り先行? 買い先行?

一括査定のメリット、デメリット

専任媒介契約で商品券がもらえる理由

査定価格の高い不動産会社と媒介契約

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google