仲介と買取の違い

 不動産やマンションを売却する際には、「仲介」「買取」の2種類の方法があります。 仲介とは、不動産会社があなたの不動産やマンションを買い取るわけではなく、あくまで売りたいあなたと買いたい買主をスムーズに結びつける事を言います。 売主のメリットとしては、一般的に市場価格で売れるので金額的に損をしにくいという事が言えますが、デメリットとしては売却まで時間がかかる場合があります。

 買取とは、その名の通り、不動産会社があなたの不動産やマンションを買い取る事を言います。 不動産会社は買取りをした後、リフォームなどをしてその売却物件の価値を高めて再販売する事で利益を得るケースが多いです。 売主のメリットとしては、売却までの時間がかからないという事が言えますが、デメリットとしては、仲介で売却するよりも金額が約2〜3割程度減少する点です。 仲介・買取のそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で売却しましょう。

 不動産売却に関するよくある相談!

大手不動産業者に依頼

レインズについて

媒介契約とは

仲介と買い取りの違い

不動産売却の諸費用

不動産売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

買い替えは売り先行? 買い先行?

一括査定のメリット、デメリット

専任媒介契約で商品券がもらえる理由

査定価格の高い不動産会社と媒介契約

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google