不動産売却の諸費用

 不動産売却で必要になってくる諸費用は、それぞれのケースによって、変わってきますが、 一般的なものとしては次のようなものがあります。

仲介手数料
当社にお支払いいただく手数料です。ご売却価格の3%プラス6万円(消費税を含めると3.15%プラス6万3000円)となります。
収入印紙
売買契約書に貼付する印紙代金。契約金額5000万円以下で15,000円
抵当権の抹消費用
司法書士への報酬、登録免許税

ほかに、土地を実測して引渡す場合には測量費用
古家がある土地を更地にして引渡す場合は、建物の解体撤去費用
リフォームをして売り出す場合には、リフォーム費用がかかります。

 住まいの買い替えの場合には、引越し費用や新居の家具なども諸費用として勘定に入れる必要があります。 あなたの売却では、なにがどれくらい必要になってくるか、しっかりと打ち合わせさせていただきます。

 不動産売却に関するよくある相談!

大手不動産業者に依頼

レインズについて

媒介契約とは

仲介と買い取りの違い

不動産売却の諸費用

不動産売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

買い替えは売り先行? 買い先行?

一括査定のメリット、デメリット

専任媒介契約で商品券がもらえる理由

査定価格の高い不動産会社と媒介契約

Page Top

Ads by Google