不動産売却時の税金

 売買契約書の印紙税、抵当権抹消登記の登録免許税も税金ですが、金額が張るものではないですから、そういうものがある、とだけ覚えておけばいいでしょう。 売却の税金といえば、売却益が出たときにかかる所得税と住民税です。 長期保有のものには軽い税金が、短期保有のものには重い税金が課せられます。 ご自身でお住まいになっていた土地建物(居住用財産)を売却した場合や買い替えた場合には、要件を満たせば特例が認められ、ずいぶん税負担が軽くなります。 課税の対象となる売却益(譲渡所得)は、次のように計算します。

 譲渡収入 − 取得費 − 譲渡費用 − 特別控除 = 譲渡所得

譲渡収入
売却で得た収入額(売却価格)
取得費
売却した土地や建物の購入代金、建築代金、仲介手数料、登記費用などのほか、取得後に加えた設備費や改良費も含まれます。なお、建物は経年減価分を引いた額になります。
譲渡費用
仲介手数料や印紙税。貸家を売るとき借家人に支払う立退料。土地売却で上物を取り壊すときの費用と建物の損失額などです。
特別控除
居住用財産の売却には3千万円の特別控除があります。

 不動産売却に関するよくある相談!

大手不動産業者に依頼

レインズについて

媒介契約とは

仲介と買い取りの違い

不動産売却の諸費用

不動産売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

買い替えは売り先行? 買い先行?

一括査定のメリット、デメリット

専任媒介契約で商品券がもらえる理由

査定価格の高い不動産会社と媒介契約

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google