リフォーム後、販売した方が良い?

 売主様が、きれいにみせるためにリフォームをしたとします。そのリフォーム費用は、当然、売却価格に 上乗せされてしまいますが、そのリフォームが買主様の意に沿わないものだったら、無駄なリフォームをして、 売却価格を高くしたことになります。

 では、リフォームしないで販売したほうが良いのか?
確かに費用はかかりますが、リフォームが施されたきれいな住宅を前にすると、心が動かされることも、また事実です。

 結論としてケースバイケースで断定した言い方はできませんが、当社では買主様が、ご自分の好みに合わせてリフォームされることが 多いため、現況のままお引き渡しすることが一般的となります。 ただ、買主様にとってはきれいな家のほうが魅力的である ので、ご自身で頑張って床や壁を磨き上げるのも良いでしょう。 余裕があれば業者さんに頼んでハウスクリーニングをおこなう事もご検討頂いています。 売却計画の中にリフォームも組み入れて、ご相談ください。

 不動産売却に関するよくある相談!

大手不動産業者に依頼

レインズについて

媒介契約とは

仲介と買い取りの違い

不動産売却の諸費用

不動産売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

買い替えは売り先行? 買い先行?

一括査定のメリット、デメリット

専任媒介契約で商品券がもらえる理由

査定価格の高い不動産会社と媒介契約

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google