買い替えは売り先行? 買い先行?

売り先行のメリット・デメリット

 売り先行は、ご自宅の売却を先に行い、その資金をもとに、新居を購入することです。

メリット
売却した資金を最初に手にすることができるので、残ったローンの支払いや、新居購入の資金計画を立てやすい。 新居のローン支払いなどが発生していないので、あせらずじっくり売ることができる。
デメリット
先に売却してしまうため、新居購入までの間、賃貸住宅など仮住まいが必要となることもあります。 引越し費用、家賃などの費用がかかるため、家賃などを気にして、早く新居を購入しようとあせってしまいそうですね。 購入する物件が見つかれば、また引っ越さなければなりませんし、住所変更等の手続きなど煩わしい作業が発生します。 また、居住中にもマンションの見学を受け付けるため、常に部屋を綺麗にしておかなければなりません。

買い先行のメリット・デメリット

 買い先行とは、先に新居を購入して引っ越してから、ご自宅を売却することです。

メリット
新居をじっくり探せます。 新居への引越しの後に、じっくり売却することができ、売れるまでのローン返済が大丈夫であれば、売り急がなくて済みます。
デメリット
住宅ローンが残っていれば、新居購入のローンと重なって返済が大変です。 売却価格や売却時期が決まっていないため、資金計画が立てにくく、悪くすれば、資金繰りが頓挫することもあります。 売れなかった時のために、買取保証制度もございます。
  メリットデメリット
売却先行 じっくり売却できる
資金計画を立てやすい
仮住まいが必要のケースもある
購入先行 じっくり購入物件を探せる
仮住まいは不要
資金計画が立てにくい

いずれにしても、プラスとマイナス面があり、 ご購入・ご売却どちらを先行させるかは、お客様の条件によるところが大きいものです。 ご相談いただければ、あなたにあった方法をご提案させていただきます。

住宅ローンの残債が多い買い替え

 住宅ローンの残債が多いために、買い替えを希望しながらも、あきらめている方が、結構多いようです。  ご購入された時期によっては、かなりの売却損を覚悟しなけならない方も少なくないのでしょう。  買い替えをする場合、売却損そのものの多寡ではなく、ローン残債額との兼ね合いが問題になります。  つまり、売却収入でローンが完済できないときです。それでも、不足分を返す手持ちがあるとか、返済資金が 工面できるなら問題はないのです。ローンを完済し抵当権を抹消できなければ、買い替えは、不可能です。  いままでは、ここであきらめなければならなかったわけです。

 しかし最近では、売却収入を当てても返しきれないローン残存額を上乗せして融資する「買い替えローン」を扱う銀行もあります。 どうぞ、あきらめないで、ご相談していただければと思います。

 不動産売却に関するよくある相談!

大手不動産業者に依頼

レインズについて

媒介契約とは

仲介と買い取りの違い

不動産売却の諸費用

不動産売却時の税金

リフォームしてから売り出したほうが良い?

不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?

買い替えは売り先行? 買い先行?

一括査定のメリット、デメリット

専任媒介契約で商品券がもらえる理由

査定価格の高い不動産会社と媒介契約

Page Top

不動産売却 査定 任意売却相談お問い合わせ

Ads by Google